司法書士 大門事務所|栃木県鹿沼市|不動産登記|住宅ローン|相続|企業法務|多重債務|返済

qrcode.png
http://o-kado.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

司法書士 大門事務所
栃木県鹿沼市下田町二丁目
1077番地6
TEL.0289-64-4805
FAX.0289-64-4835
──────────────
1.不動産登記
2.企業法務
3.裁判事務

4.遺産整理業務

5.その他
──────────────

 
 

債務整理

 

当事務所の方針

当事務所の方針
 
はじめに

まず、はじめに、当事務所は債務整理だけに特化した、債務整理専業の事務所ではございません。
また、大々的に広告をして、年間数千件〜数万件の債務整理を受任するような大規模事務所でもございません。

司法書士の本業である、「登記業務」が主力業務の田舎の小さな事務所です。

しかし、だからといって、「債務整理や裁判業務を扱わないのか?」と言えばそうではありません。

「面談から交渉までの全てを司法書士が一貫して最後まで全力で処理する」ことをモットーに、責任をもって受任できる範囲で、債務整理案件や訴訟案件も常時一定量抱えております。


大規模事務所と比べて小規模受任ならではの、【司法書士自らが全力で受けられる範囲で全力を出すこと】を意識しております。

担当は司法書士です。解決する最後の最後までお付き合いさせていただきます。

 
面談から交渉までを一貫して司法書士が担当します
債務整理事件の処理に関する指針(日本司法書士会連合会理事会決定)を遵守し、合理的な理由のない限り、司法書士が必ず直接面談させていただくのはもちろん、交渉から解決に至るまでの全てを一貫して司法書士自らが担当いたします。

大々的に広告をせず、司法書士自らが対応できる受任件数を保持しておりますので、
事務員に任せきりにすることは一切ありません。
 
依頼者の自己決定権を尊重します
債務整理案件は比較的長期的なお付き合いとなるため、信頼関係構築が非常に大切です。初回の面談は最低1時間以上お時間をいただき、手続の内容、費用、当事務所の方針等、わかりやすく説明いたします。

そして、最後に納得をいただいた上で受任さ
せていただきます。また、継続中のご相談についても、できる限り依頼者の意向を尊重いたします。
 
相談料・着手金ゼロで受任可能です
債務整理に関しては相談料はいただいておりませんので、お気軽にご相談下さい。
また、「着手金をいただかないと受任しない」というスタンスでもありませんので、経済的にご心配な方も柔軟に対応させていただきます。
 
報酬額を明確化しております
受任に当たり必ず委任契約書を作成し、交付いたします。報酬・費用額についても、委任契約内で明確にしております。原則として提示以上の追加費用が発生することはありません。
 
いわゆる減額報酬はいただいておりません。

また、過払金返還成功報酬については、訴訟外の解決の場合は返還額の12%+税、訴訟提起による解決の場合は返還額の20%+税です。
 
【減額報酬】
債権者が主張する債務を減額させ、又は免れさせた場合に、その減額され、又は免れた債務の金額を経済的利益として、その経済的利益に応じて算定される報酬を指します。
 
【解決事例】
サラ金1社の借金が50万円の状態で専門家が受任。結果、借金はゼロとなり、過払金80万円が訴訟提起により返還されて解決した場合。
 
 □平均的な事務所の場合(基本報酬1社3万・減額報酬10%・成功報酬25%)
   「基本報酬」 3万円
  「減額報酬」50万円×10%=5万円
  「成功報酬」80万円×25%=20万円  合計28万円+税
  □当事務所の場合(基本報酬1社2万5000円・減額報酬なし・成功報酬20%)
  「基本報酬」2万5000円
  「成功報酬」80万円×20%=16万円  合計18万5000円+税   
 
責任の所在が明確になります
最近ではインターネット上にも情報が氾濫しており、専門家に依頼せずに、ご自身で特定調停や過払金返還請求等の手続を行う方が増えております。その場合、専門家費用はゼロですが、あくまでご自身の結果はご自身の責任です。よって、業者に足元を見られたり、裁判所に言い分が上手く伝わらなかったり等、その結果に不満があっても、そのはけ口がありません。

逆に、我々司法書士は日々仕事として業務を遂行しており、依頼者から報酬をいただく以上は、本人が専門家に頼まずに自力で行った以上のきめ細かい対応・結果が求められると考えます。そして、依頼を受けた以上は、我々には各種法令、倫理等により重い職責・義務が生じるため、責任の所在は正に我々司法書士にあります。

よって、至極当たり前ですが、下手くそな仕事はプロとして失格となり、常に結果が求められるため、相当の使命感をもって日々研究・業務を行っております。
 
スピード感を重視します
「光陰矢のごとし」日々情報は移り変わり、サラ金・信販会社等の貸金業者の状況は刻々と悪化の一途を辿っております。急ぎの対応が求められると判断したケースではもちろんのこと、全ての業務に関してスピード感を常に意識しております。

「明日の支払いに間に合わない」といった方でも、場合によっては緊急で受任させていただくことも可能です。また、任意交渉よりも訴訟対応の方がかえって早いと判断した場合では、依頼者の了解を得て、提訴可能時点で即提訴することもあります。

余談ですが、司法書士の本業である登記業務は当事務所の得意とする分野でもあります。登記業務の世界においては、納期が「その日」であれば、よほどの事がない限り、納期は絶対に「その日」です。民法177条に定める第三者対抗要件たる登記の世界においては、受付の前後で権利の優先が決せられるため、万が一遅れたがために、依頼者に多大な損害が生じることがあるからです。

当事務所は「その日」に登記を申請してくれと言われれば、どんなに忙しくても、何が何でもその日に申請を完了させる世界で今日まで業務を行って参りました。
スピード感を重視する所以は、そのような日々の登記業務からの発想でもあります。
 
専門家の横のつながりを大切にします
年間を通すとやはり、当事務所では受任できない案件に遭遇することがあります。また、債権債務関係を調査した結果、司法書士の代理権の範囲を超え、代理で扱えないケースも多々あります。

司法書士以外の専門職(弁護士等)が受任した方が依頼者に
とって最善の結果が望めると判断した場合、当該専門職への引継を希望される方へは、当事務所と面識のある専門職を紹介させていただくことも可能です。

なお、当事務所において書類作成支援により本人訴訟等を希望される場合は、受任可能な案件である限り、最後まで全力でサポートさせていただきます。
<<司法書士 大門事務所>> 〒322-0036 栃木県鹿沼市下田町二丁目1077番地6 TEL:0289-64-4805 FAX:0289-64-4835