司法書士 大門事務所|栃木県鹿沼市|不動産登記|住宅ローン|相続|企業法務|多重債務|返済

qrcode.png
http://o-kado.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

司法書士 大門事務所
栃木県鹿沼市下田町二丁目
1077番地6
TEL.0289-64-4805
FAX.0289-64-4835
──────────────
1.不動産登記
2.企業法務
3.裁判事務

4.遺産整理業務

5.その他
──────────────

 
 

(根)抵当権の抹消

 

銀行からの借入れが残っているかどうか調べましょう

銀行からの借入れが残っているかどうか調べましょう
 
団体信用生命保険に加入していた場合
亡くなった方の銀行からの借入れが「住宅ローン」の場合で、生命保険が適用になるときは、銀行に対する借金は保険により消滅することになります。
 
誤解しやすいところですが、「保険により借金が消滅した」=「銀行の担保が当然に外れる」、という訳ではありません。
 
この場合、不動産の名義変更手続と併せて、銀行の担保を外す手続、すなわち「(根)抵当権抹消」の手続が必要になります。
 
団体信用生命保険に加入していなかった場合
亡くなった方の銀行からの借入れが、「住宅ローン」以外の「事業性融資」や「アパートローン」等の場合で、生命保険が適用にならないときは、銀行に対する借金が残ることになります。
 
つまり、借金=マイナスの財産も相続の対象になることに注意が必要です。
 
そして、借金が残るケースへの対応としては、一般に、次の選択が考えられます。
 
1.この機会に完済してしまう
「借金を完済した」=「銀行の担保が当然に外れる」、という訳ではありません。
不動産の名義変更手続と併せて、銀行の担保を外す手続、すなわち「(根)抵当権抹消」の手続が必要になります。
 
2.相続人の誰かが引き継ぐ
借金を負担する特定の相続人を、相続人間の話し合いだけで決めることはできません。
負担者の決定には、銀行の同意が必要になります。
そして、借金を負担する相続人が決定しましたら、「(根)抵当権変更」の手続を経て、返済を続けていくことになります。
なお、引継いだ借金が結果的に払えない場合は、債務整理手続(自己破産等)に入ることになります。
 
3.相続放棄をする
俗に、「遺産放棄」という言葉が良く使われますが、実は正式名ではありません。
ここでいう「相続放棄」とは、家庭裁判所に申述書を提出して行う手続を指します
つまり、「裁判所を通さないでした遺産の放棄」=「話し合いで借金を負担しないと決めたこと」は、厳密に言うと、銀行等の債権者との関係では、借金について、放棄したことにはなりませんので要注意です。
一方、家庭裁判所を利用し、正式に相続放棄をした方は、相続人から外れますので、プラスの財産も、マイナスの財産も全て放棄することになります。
例えば、プラスの財産より借金=マイナスの財産の方が多く、返済が不可能な場合は、「相続放棄」の手続を検討すると良いでしょう。
 

費用・報酬

費用・報酬
 
(根)抵当権抹消登記
 司法書士報酬(税別)  9,000円~
 登録免許税  不動産の数×1,000円(注)
 
(注)不動産の数が20個を超える場合は一律20,000円
<<司法書士 大門事務所>> 〒322-0036 栃木県鹿沼市下田町二丁目1077番地6 TEL:0289-64-4805 FAX:0289-64-4835