司法書士 大門事務所|栃木県鹿沼市|不動産登記|住宅ローン|相続|企業法務|多重債務|返済

qrcode.png
http://o-kado.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

司法書士 大門事務所
栃木県鹿沼市下田町二丁目
1077番地6
TEL.0289-64-4805
FAX.0289-64-4835
──────────────
1.不動産登記
2.企業法務
3.裁判事務

4.遺産整理業務

5.その他
──────────────

 
 
 

司法書士 大門事務所からのお知らせ

司法書士 大門事務所からのお知らせ
 
相続登記はお済みですか?
2012-01-26
土日・祝日を除く2月1日から2月29日は「相続登記はお済みですか月間」と題して、
相続登記の無料相談を実施しております。

毎年2月に、日本司法書士会連合会主催で行われているキャンペーンです。

当事務所でも無料相談を随時承ります。この機会に、ぜひご相談下さい。


そこで、簡単に、相続登記について、説明させていただきます。

まず、相続登記とは、端的に、「先代から相続人へ権利書の名義を変える作業」です。

相続登記は、基本的に義務ではありませんが、相続登記をしなければならない局面というのが多々あります


例えば、

1 先代から承継した土地を売ることになったが、権利書を確認すると、所有者が先代の名義のままである。

3 自宅の土地が公共事業の用地買収にかかり、多額の収用補償金が入ることになったが、これも先代の名義のままである。

3 所有不動産を担保に入れて、銀行から融資を受けることになったが、登記簿を調査したら、これも先代の名義のままである。

上記の各ケースでは、「売買」、「収用」、「銀行融資」の前提として、相続登記を経ないといけません。

また、上記以外のケースでも、各種権利実現の為の前提要件になることが多々ありますので、注意が必要です。


それから、相続登記が義務でないことから、「数十年放置するケース」、「遺産分割がまとまらないケース」では、その間に相続人が複数人死亡し、数次の相続が発生することにより、ますます話が先に進まないケースに進展する可能性もあります。


そして、当事務所でも相談が多いのが、「山はやらなくていいんでしょ?」という、ご相談。

宅地であろうと、山林であろうと、考え方は同じです。

処分の必要があれば、相続登記が義務化されます。


以上を踏まえて、また、これら以外のケースでも、相続登記に関するご相談がありましたら、些細なお悩みでも結構ですので、お気軽に当事務所までご相談下さい。
 
謹賀新年
2012-01-04

本日より、通常の業務を開始します。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 
年末年始の営業について
2011-12-19
平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

年末年始の営業につきましては、平成23年12月29日〜平成24年1月3日はお休みをいただきます。

期間中は何かとご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承下さい。

師走の時期ですので、お急ぎの案件・相談が増えて参りましたが、12月28日までは当事務所所員一同、フル稼働で対応させていただきます。

来年も変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いいたします。
 
事務所改装のお知らせ
2011-11-15

落ち着いた空間でご相談いただくために、現在、事務所内の一部を改装しております。

工事中はご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承下さい。

これに伴い、事務所内画像も随時更新いたします。

なお、通常業務に支障はございません。

 
法の日週間無料相談のお知らせ
2011-09-30

10月1日は、「法の日」です。そして10月の1ヶ月を推進月間として、「全国一斉司法書士法律相談」が実施されます。

栃木県内においては、10月1日〜7日の1週間(土日祝日を除く)の10時〜17時に、各司法書士事務所で無料法律相談が実施されます。

相談料が無料ですので、この機会に最寄りの各司法書士事務所にお立ち寄り下さい。

当事務所においても、随時相談を承ります。

 
債務整理に関する当事務所の方針をUPしました
2011-08-03
遅ればせながら、債務整理に関する当事務所の方針をUPさせていただきました。

当事務所へ債務整理をご依頼いただく際には、こちらを熟読された上でご連絡いただけると幸いです。

債務整理は減少傾向にあると言われておりますが、当事務所の受任件数は昨年とほぼ横ばいです。まだまだ潜在的に借金問題を抱えている方が多数おられると思慮します。

直接面談の原則により、主に栃木県内の方のお手伝いが中心となりますが、全力で戦いますので、よろしくお願いいたします。
 
8月3日は「司法書士の日」です
2011-08-01
日本司法書士会連合会は、平成22年から8月3日を「司法書士の日」と定めています。

まだまだ認知度は十分とは言えませんが、我々司法書士が皆様のお役に立てる局面が一生に数回はあると思います。

詳細はこちらです。

当事務所の主な取扱業務はこちらです。

どうぞお気軽に我々司法書士にご相談下さい。
 
【法務省】相続放棄等の熟慮期間を延長する法律の成立について
2011-06-24
平成23年6月17日、東日本大震災の被災者である相続人について、相続放棄等の熟慮期間を延長する法律が成立し、平成23年6月21日から施行されました。

詳細は、法務省HPにありますので、こちらをご覧下さい。

相続放棄については、こちらの「相続放棄」の項目も参考にして下さい。

この法律は、東日本大震災の被災者である相続人については、一定の要件を満たす方に限り、平成23年11月30日まで相続放棄の熟慮期間を延長するというものです。

相続放棄をする方は、原則として自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、その申述書を家庭裁判所に提出しなければいけないところ、東日本大震災という未曾有の災害の中、原則どおり3ヶ月という期間ではあまりに酷でしょうというのがその趣旨です。

「東日本大震災で亡くなった身内に多額の借金が見つかった」等々、事情により相続放棄を検討される方は多数いらっしゃるかと思います。

但し、認められるとはいえ、上記法務省HPにあるとおり一定の要件がありますので、ご注意下さい。

その他ご不明な点は、お気軽に当事務所までお問い合わせ下さい。
 
GW期間中の営業について
2011-04-28

GW期間中の営業につきましては、下記のとおりとなりますので、よろしくお願い申し上げます。
なお、メールでのお問い合わせにつきましては、24時間稼働しております。

4月29日〜5月1日 お休み

5月2日       通常どおり

5月3日〜5月5日  お休み

5月6日       通常どおり

5月7日〜5月8日  お休み

 
【法務省】法務局・地方法務局の業務等への影響について
2011-03-14
東日本大震災は我々の想像をはるかに超えるものとなり、被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。当事務所も微力ながら、寄付、節電、各種相談業務等、災害復興の一助となるべく、できることからお手伝いさせていただきます。

これに関して、法務省HPにて、下記のとおりお知らせがあります。

3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震による法務局(登記所)への業務等への影響は,次のとおりです。 

当面,業務継続が困難な法務局について

1  13日午後6時現在,当面,業務継続が困難と考えられる法務局は,次のとおりです。
   (1) 仙台法務局気仙沼支局
   (2) 福島地方法務局富岡出張所
   (3) 盛岡地方法務局一関支局
   (4) 盛岡地方法務局大船渡出張所

2  業務継続が困難な法務局における登記業務について
 業務継続が困難な法務局(登記所)では,登記の受付・審査事務,証明書の発行事務を一時停止した上,その後,可及的速やかに,最寄りの登記所において,これらの事務を行う措置を採ることを予定しています。
 なお,業務継続が困難な登記所が管轄する登記情報については,業務を一時停止している期間であっても,他の登記所に対して窓口又は郵送の方法により登記情報交換サービスを利用して,登記事項証明書の交付(送付)を請求することができます(地図等の情報については,気仙沼支局の管轄分に限られます。)。
 また,登記情報提供サービスを利用して,登記情報を確認することもできます。

3  業務継続が困難な法務局における登記以外の業務について
 登記以外の業務については,各法務局の本局にお尋ねください。


一時的に登記事項証明書等の発行できない法務局について

 13日午後6時現在,停電等のシステム障害などにより,一時的に登記事項証明書等の発行ができない法務局は次のとおりです。
    (1)横浜地方法務局,(2)さいたま地方法務局,(3)水戸地方法務局,(4)長野地方法務局,(5)新潟地方法務局,(6)長崎地方法務局,(7)仙台法務局,(8)福島地方法務局,(9)盛岡地方法務局,(10)秋田地方法務局
 これらの法務局における登記事項証明書等の発行の可否については,各法務局のホームページに掲載しますので,そちらをご参照ください。
 ご利用される皆様には,御迷惑をおかけしますが,順次,復旧に努めて参りますので,ご理解のほどをよろしくお願いします。


法務局の統合等予定の延期について

 
東北地方太平洋沖地震の発生を踏まえ,予定しておりました
 (1)秋田地方法務局横手支局の同大曲支局への統合
 (2)秋田地方法務局大曲支局の同局本局への商業・法人登記事務の集中化
 (3)千葉地方法務局佐倉支局,成田出張所の本局への商業・法人登記事務の集中化
 は,震災の影響が収まるまでの間,見合わせることとします。
<<司法書士 大門事務所>> 〒322-0036 栃木県鹿沼市下田町二丁目1077番地6 TEL:0289-64-4805 FAX:0289-64-4835