司法書士 大門事務所|栃木県鹿沼市|不動産登記|住宅ローン|相続|企業法務|多重債務|返済

qrcode.png
http://o-kado.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

司法書士 大門事務所
栃木県鹿沼市下田町二丁目
1077番地6
TEL.0289-64-4805
FAX.0289-64-4835
──────────────
1.不動産登記
2.企業法務
3.裁判事務

4.遺産整理業務

5.その他
──────────────

 
 
 

司法書士 大門事務所からのお知らせ

司法書士 大門事務所からのお知らせ
 
司法書士の選び方(各論)
2014-05-03
前回に続きます。
 
さて、「この人に依頼をしてみよう!」という司法書士が見つかったとして、それが人生で初めての場合、比較対象がありませんので、果たして本当にその司法書士で正解かどうかは、依頼してみないとわからないことになります。
 
そこで、あくまでも私見ですが、「こういう事務所なら頼んで正解!」という目安を羅列してみたいと思います。
 
1.司法書士と直接連絡がとれる
司法書士には、本人確認義務があり、原則として、司法書士自らが依頼者と会う必要があります。
また、事務員さんを雇用している場合、全てを事務員さん任せにすることが禁じられております
後者のケースは、司法書士自身が法改正や時代の流れについていけず、難しい相談に直接応じることができないといった可能性が考えられます。
 
2.事務所が近い
「地元の司法書士だと、かえって頼みづらいし、秘密が守られるから遠方の方が良い」という表現の広告を目にしたことはありませんか?
事案によっては、当てはまることもありますが、基本的に、近くの方が断然良いと考えます。
何故なら、司法書士には守秘義務という「職務上知り得た情報を、他人には絶対に漏らしてはいけない」という高度な義務が課せられておりますので、地元だからダメという理由にはなりません
また、遠方の司法書士に依頼した場合は、打ち合わせ等でこちらに出張する場合に、日当や交通費が余分にかかるというデメリットもあります。
 
3.対応が誠実である
「上から目線」、「話をきかない」、「難しい法律用語で解説し、いかにも専門家を気取っている」といった司法書士は、避けた方が良いでしょう。
 
4.適正報酬である
司法書士の報酬は現在、自由化されています。
したがって、相見積もりをとらなければ、地域相場がわかりません。
これは、見積もりをとった上での話ですが、極端に安いのはさておき、極端に高いのも問題です。
司法書士業界では、一般の商取引と異なり、「紹介料」や「バックマージン」といった紹介先・提携先との癒着が禁じられております。
例えば、不動産業者に紹介を受けた司法書士の報酬が極端に高い場合、依頼者が支払った報酬の一部が業者に流れている可能性があります
そのような司法書士は、エンドユーザーに自身の負担を転嫁させれば良いという発想をもっており、依頼者目線には立っていないので、注意を要します。
なお、当事務所の報酬設定については、こちらを参考にしてください。
 
5.できないことはできないと言う
司法書士の業務内での相談で、当然に答えなければならない相談に対して、単に司法書士自身の努力不足で答えられないのは論外です。
問題は、業務外や、答えることのできないご相談についてです。
例えば、依頼者が司法書士に話した内容が、実は、弁護士さんや、税理士さんの分野での相談だった場合、依頼者にとっては、それが司法書士の業務内かどうかはともかく、何らかの具体的な回答が欲しいはずです。
ところが、司法書士をはじめとする「士業」には、それぞれ専門分野があり、基本的に他の士業の専門分野での相談に応じられません。
あくまでも一般的な事例についての説明はあるかもしれませんが、個別具体的な相談に応じられないのは、各士業を取り巻く法律や倫理で禁止されているからであり、また、司法書士が専門外の他士業の分野の回答をすることで、損害賠償の問題に発展する可能性もあります。
そして、これは最終的に、依頼者自身の権利を守ることにつながります
餅は餅屋という格言どおり、専門外については、むしろ、できないとはっきり言ってくれる司法書士が親切であると考えます。
反対に、専門外や禁止されている業務を積極的に引受けてくれるような事務所は、自身の本業の分野で売上げが上がっておらず、「お金になるなら違反でもなんでもやる」という倫理観のない事務所の可能性もあるかもしれません。
 
6.経験が豊富である
経験の有無は、業務年数や、実績によるため、一概に、年齢を基準に選ぶのが正しいとは言えません。
若くても、常時一定量の案件を抱えていれば、経験値は上がりますし、反対に、年配だから経験が豊富とも限りません。
目安としては、依頼しようとしている司法書士が、適度に忙しくしており、法改正や最新の情報に敏感に対応し、継続的な努力を怠っていないことがポイントです。
取り扱い業務については、ウェブサイトや、お電話にて、問い合わせをするのも手かと思います。
また、栃木県司法書士会では、「得意分野調査」を実施しており、適任者を紹介してもらうことも可能です。
 
以上、ほかにも検討することはあるかと思いますが、司法書士を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。
<<司法書士 大門事務所>> 〒322-0036 栃木県鹿沼市下田町二丁目1077番地6 TEL:0289-64-4805 FAX:0289-64-4835